学びの雑記帳

日々学んだことの備忘録。

日比野先生

昨晩全然知らない人のブログの記事でバンジージャンプのこと書かれてて目に止まる。 私も19歳の時にNZで43メートルを落下した。あの頃は勇気あったよな。

台北旅行

二泊三日で台北へ観光旅行に行ってきました。

AKIRAライブ

ameblo.jp

宇宙の輝き

魂のこよみ 新訳 [ ルドルフ・シュタイナ- ]ジャンル: 本・雑誌・コミック > 人文・地歴・哲学・社会 > 宗教・倫理 > その他ショップ: 楽天ブックス価格: 1,728円 魔法がかかったように わたしは 宇宙の輝きに 精神のうねりを感じる。 そのうねりは わが身の…

社会問題としての教育問題⑤

講座5回目の備忘録。内容は第3講。 社会問題としての教育問題 -自由と平等の矛盾を友愛で解く社会・教育論― (アントロポゾフィーブックス) 作者: ルドルフ・シュタイナー,今井重孝 出版社/メーカー: イザラ書房 発売日: 2017/03/11 メディア: 単行本 この商…

PLUTOの感想

浦沢直樹の『PLUTO』を読んでの感想。

社会問題としての教育問題③④

講座3回目の備忘録をまとめる前に、講座4回目終了したので3,4と合わせての備忘録になります。 社会問題としての教育問題 -自由と平等の矛盾を友愛で解く社会・教育論― (アントロポゾフィーブックス) 作者: ルドルフ・シュタイナー,今井重孝 出版社/メーカ…

7歳から14歳までの子どもの教育

昨日に引き続き、『霊学の観点からの子どもの教育』を読んで、 今日はその中の7歳から14歳までの子どもの教育について。

三度にわたって誕生する

昨日に引き続き、『霊学の観点からの子どもの教育』を読んで。

霊学的な考え方って?

昨日に引き続き、『霊学の観点からの子どもの教育』を読んで。今までの学びともリンクさせながら書きたいと思います。

霊学の観点からの子どもの教育

『社会問題としての教育問題』を読み進めていくうちに、人間の発達原則について原点に戻ろうと思い久しぶりに『霊学の観点からの子どもの教育』を読んだ。 霊学の観点からの子どもの教育―講演+論文 作者: ルドルフシュタイナー,松浦賢 出版社/メーカー: イザ…

自然にかえる子育て

今日はシュタイナー関連ではないのですが、シュタイナーの学びにも通じている本の紹介。 真弓定夫先生の『自然にかえる子育て』という本。出産するまで、陣痛の痛みのことばかり考えていて、出産後のことをほとんど調べてなくて、あたふたしていた頃に出会っ…

社会問題としての教育問題②

講座2回目。 社会問題としての教育問題 -自由と平等の矛盾を友愛で解く社会・教育論― (アントロポゾフィーブックス) 作者: ルドルフ・シュタイナー,今井重孝 出版社/メーカー: イザラ書房 発売日: 2017/03/11 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る

社会問題としての教育問題①

先月の講座の第一回目備忘録。 社会問題としての教育問題 -自由と平等の矛盾を友愛で解く社会・教育論― (アントロポゾフィーブックス) 作者: ルドルフ・シュタイナー,今井重孝 出版社/メーカー: イザラ書房 発売日: 2017/03/11 メディア: 単行本 この商品を…

思春期講座

先日、思春期についてシュタイナーの観点からの講座を受講したので、その備忘録。

世界を変える学び

ヴァルドルフ教育100周年の映像は何回も視聴した。 Waldorf 100 – フィルム

学び

はじめまして。 主にシュタイナーについて学んだことを書いていこうと思います。 備忘録も兼ねて。 日々の雑談も。