学びの雑記帳

日々学んだことの備忘録。

7歳から14歳までの子どもの教育

昨日に引き続き、『霊学の観点からの子どもの教育』を読んで、

今日はその中の7歳から14歳までの子どもの教育について。

 

 

7歳から14歳までは、エーテル体が成長する時期。

エーテル体とは?

人間のなかの生命力の担い手である。そのほかにエーテル体は、

習慣、性格、気質、良心を担っている。

 

キーワード「権威と恭順」

抽象的な概念による理解を強制しないこと

九九や詩などを暗記させて記憶力を育成する

芸術的なものをとおして子どもの美的感覚に働きかける

音楽のリズムがエーテル体を活発にする

自分で判断することを子どもに求めない

 

親が家庭で出来ることは、やはり家の中を整えること。

お花を飾ったりもいいだろうな。生活リズムを乱さないこと。

アストラル体がまだ目覚めていないから、その覆いとなること。

 

日常で忘れないようにしたいのは、エーテル体の成長にとって

よいものをもたらすものって何だろう?っていう問い。

 

7歳までと変わらず、親は良い模範となることも必要だし、

環境を整えることが大切だと思う。

 

『霊学の観点からの子どもの教育』は人間の本質のバイブル的な本です。

是非、お手元に一冊!